マイカーローン 返済

マイカーローンの借入額を抑えれば返済負担も軽くなる

マイカーローンでいくら借りるのか

マイカー購入時には、欲しい車種やオプションが気になるかもしれませんが、結果いくらかかるのかももちろん重要です。マイカーローンで購入するなら借入額が少ない程、支払総額を抑えられます。

 

ローンの支払いには金利手数料が発生するので、借入が大きい程余計にお金を払わなくてはならなくなります。マイカーローンを組む前に知っておきたい、支払額を抑えるコツを紹介します。

 

効率的にマイカーローンを利用する

 

マイカーローンの借入額を抑える

ローンを抑える時に真っ先に思い浮かぶのが、車種やグレードの妥協です。欲しい車を購入できれば一番ですが、実際には予算があります。希望のオプションのグレードを下げるだけでも、借入額は変わってきます。

 

とはいえ、ただ妥協したという場合であれば、単純にグレードが下がるだけです。同じ車種でキャンペーン割引がある店舗がないかなど、車種を変えずに借入額を下げる方法もあります。

 

低金利な所で借りる

マイカーローンを組む時には、金利にも注目しましょう。金利が1.0%でも変わるなら、マイカーローンの申込み先を変えるべきです。いくらグレードを落したとしても、車は大きな買い物です。少しの金利の差でも、支払額に大きな違いが出ます。

 

金利が特に重要なのは、車種のグレードに関係なく支払額を抑えられるという点にあります。借入額を抑える方法では、理想の車を諦めるという選択肢も出てきます。低金利な所を選ぶのであれば、車種は希望通りのまま支払額だけを抑えられます

 

一般的にはディーラーローンよりも、銀行でマイカーローンを組んだ方が低金利だと言われています。おすすめとされるマイカーローン情報をこちらhttp://www.mycarloan.jp/で見ても、やはり銀行の低金利マイカーローンがピックアップされているのが分かります。

 

低金利のマイカーローン利用を考えるのであれば、ディーラーでの借入れではなく金融機関の銀行の商品に注目というわけです。

 

短期間で返済する

マイカーローンを組む時には、支払期間があります。3年ローンで早めに返していく人もいれば、10年ローンで購入する人もいます。支払期間が長い程、毎月の支払額を抑えられるので、欲しい車を手軽に購入するためには、長く支払期間を取るのは有効な手段です。

 

ただし、支払期間が長いと、かかる金利手数料が大きくなってしまうので注意が必要です。逆に支払期間を短く持った方が、支払総額を大幅に抑えられます。毎月の返済額の負担は大きくなりますが、支払総額で見るならば短期間での返済がお勧めです。

 

下取り価格も比較する

車を購入する時には、購入価格に目が行きがちです。しかし、現在乗っている車の下取り価格にも注目してみましょう。ディーラーで車を購入する場合、ディーラー側に下取りに出す人が多いです。交渉をすれば買取価格を上げてくれる可能性もありますが、ディーラー相手の場合、それ程期待しない方がよいでしょう。

 

しかし、それでも下取り価格には注目すべきで、実際の相場よりも高く買い取ってくれる方法もあります。車を購入する販売店だけでなく、様々な買い取り業者の価格を比較すると、ディーラーの下取りが相場よりも低いと感じるかもしれません。

 

下取りに出す車の買取価格が上がれば、単純にマイカーローンの借入額を抑えられます。この方法も、購入する車の車種などを妥協せずに支払総額を抑えられるので、お勧めの方法となります。

 

ディーラーの言いなりで損をしているかも

マイカーローンの支払総額を抑える方法を紹介しましたが、希望のグレードを下げなくとも、方法はいくつかあります。

 

特に注目したいのが、金利と買取価格です。ディーラーのサポートは便利でメリットもありますが、金利と下取りについては優秀とは限りません。この2点を他社と比較するだけで、支払総額に数十万円もの差が出る場合があります。

 

つまり、ディーラーの言いなりに手続きをしていると、数十万円損をする可能性があります。これからマイカーローンを組むのであれば、これらのコツを参考に、少しでも損をしないよう気を付けてみましょう。

 

金利で失敗をしたと感じた後でも、銀行のマイカーローンなら借り換えにも利用ができるようになっているので安心です。ディーラーでローンを組んだ後に銀行への借り換えを行うことで金利の引き下げにも期待が持てるので、高い金利で契約をしてしまっても諦める必要はありません。

 

借り換えに関してはいくつかの注意点もあるため、利用前には参考サイトhttp://www.autoloan-kinri.com/で借り換えの基本をまずは見ておきましょう。ディーラーローンやクレジット会社のオートローンなど、高い金利で借りてしまっている方は特に注目です。